投資法人みらい

ガバナンス体制

  1. ホーム
  2. 投資法人の概要
  3. ガバナンス体制

投資主利益に配慮したガバナンス体制

本投資法人は、資産運用に際し、投資主とスポンサーである三井物産グループ及びイデラキャピタルの利害の一体化を図るとともに、利益相反に対する第三者性を確保した運営体制を採用することとし、この2つを中心的な枠組とした中立的かつ透明性の高いガバナンス(企業統治)体制の整備・充実を図る方針です。

ガバナンス体制

利害関係者からの資産の取得等の重要な取引に際しては、本資産運用会社のコンプライアンス・オフィサーによる事前審査、コンプライアンス委員会及び投資運用委員会における各審議及び決議を経て、取締役会及び本投資法人役員会へ報告(但し、投信法に定義される利害関係人等との間で一定の取引を行う場合は、本投資法人役員会の事前承認が必要とされます。)する仕組みを採用し、利益相反に対する第三者性を確保したガバナンス体制を構築しています。

運用資産の取得に関する意思決定フロー

その他、本投資法人は利害関係者取引における利益相反対策を含め、投資主の利益保護の観点から適切な価格・条件の資産を取得する体制を構築しています。

このページの先頭へ